COEL × CHIHARU DODO COLLABORATION

2019.10.24
販売直後から大きな反響が続く、
スタイリスト・百々千晴さんとのコラボニット。
実際そのニットを百々さん自身はどのように
着こなしているのか拝見!
今回のコラボニットに込めたこだわりにも
触れながら、スタイリング解説とともに
ご本人スナップをお届けします。
プルオーバーのニットはゆるっと着るのが
可愛いなと思って、身ごろはメンズっぽく
たっぷりと仕上げました。
でも、バランスは取りやすいように着丈はかなり短く!
シルエットに特徴があるので、それだけでコーデのポイントに。
またボーダー柄って、水玉、チェック、花柄……と、
あえて柄×柄で見せるのも可愛いんです
“みんな大好き♡“なピンクは、
暗く重たくなりがちな秋冬コーデの
アクセントとなるよう濃いめのトーンで!
なので、もちろんグレー、ネイビー、
ブラウン系コートとの相性は抜群なんですが、
こんな風にあえてピンクを重ねちゃうのも好き。
パッと華やかに見えて、寒い冬でも気分が上がります。
やさしい印象のグレーはとにかく合わせやすくて、
スタイリングの幅を広げる1枚。
『とてもベーシックなのに、なんかこなれて見える!』
そんな頼もしいワードローブになるはずです。
ハイウエストのデニムには、前だけ少しウエストIN。
ショート丈なのでもたつかず、
また一味違った表情が楽しめるんです♪
背中のレースアップは、このニットドレスの
象徴的なデザインでもあるので、
その魅力を生かすスタイリングも考えてみました。
カットソーをINしてカジュアルダウンさせながら
レースアップそのものの可愛さを際立たせて。
同系色のグラデーションを楽しんでもいいし、
グリーンやボルドーなど、あえてコントラストをつけて
バイカラーで魅せるのも素敵です。
ニット素材ならではのタイニィな美しさだけを
強調したくて前はとことんシンプルに。
でも背中を向けると大胆に開いていて、
その“裏腹な”感じがとても気に入っています。
シックで女性らしく、ニット素材だけど
夜のお出かけにも着られるように作りましたが、
昼間さらっと楽しみたい時は、
メガネでちょっとハズしてみたり……
販売直後から大きな反響が続く、
スタイリスト・百々千晴さんとのコラボニット。
実際そのニットを百々さん自身はどのように
着こなしているのか拝見!
今回のコラボニットに込めたこだわりにも
触れながら、スタイリング解説とともに
ご本人スナップをお届けします。
プルオーバーのニットはゆるっと着るのが
可愛いなと思って、身ごろはメンズっぽく
たっぷりと仕上げました。
でも、バランスは取りやすいように着丈はかなり短く!
シルエットに特徴があるので、それだけでコーデのポイントに。
またボーダー柄って、水玉、チェック、花柄……と、
あえて柄×柄で見せるのも可愛いんです
“みんな大好き♡“なピンクは、
暗く重たくなりがちな秋冬コーデの
アクセントとなるよう濃いめのトーンで!
なので、もちろんグレー、ネイビー、
ブラウン系コートとの相性は抜群なんですが、
こんな風にあえてピンクを重ねちゃうのも好き。
パッと華やかに見えて、寒い冬でも気分が上がります。
やさしい印象のグレーはとにかく合わせやすくて、
スタイリングの幅を広げる1枚。
『とてもベーシックなのに、なんかこなれて見える!』
そんな頼もしいワードローブになるはずです。
ハイウエストのデニムには、前だけ少しウエストIN。
ショート丈なのでもたつかず、
また一味違った表情が楽しめるんです♪
背中のレースアップは、このニットドレスの
象徴的なデザインでもあるので、
その魅力を生かすスタイリングも考えてみました。
カットソーをINしてカジュアルダウンさせながら
レースアップそのものの可愛さを際立たせて。
同系色のグラデーションを楽しんでもいいし、
グリーンやボルドーなど、あえてコントラストをつけて
バイカラーで魅せるのも素敵です。
ニット素材ならではのタイニィな美しさだけを
強調したくて前はとことんシンプルに。
でも背中を向けると大胆に開いていて、
その“裏腹な”感じがとても気に入っています。
シックで女性らしく、ニット素材だけど
夜のお出かけにも着られるように作りましたが、
昼間さらっと楽しみたい時は、
メガネでちょっとハズしてみたり……